何故折り紙なのか&折り紙の芸術性について

珍しく文章だけの記事
曖昧に、濁しながら書きまーす

大学は入ってから、折り紙やる人と接する機会が増えたせいか創作も真面目に行ってる今日この頃。
でかいのはORUTOとTwitter、flickerの影響かな。
サークルでやるとなると気引き締まるし、SNSで作品が大量に流れてくるのは刺激になる。
そしてなにより、世界の作品を見ると自分がいかに大したことないか分かってくる。

そんな今だけど、色々試したいものがあるぞー
哺乳類系は割と折ってきたけど、昆虫を折っていない。
ここらで一作品挟もうと思う。
インサイドアウトにもはまり中。
通過儀礼的にじゃんじゃんインサイドアウト盛り込んでいく。
過去作品のリメイクもしたいな、アスタロトと刹那。あとキメラとか。
風景的な作品も手掛けたいし、背景の意味が強い作品も折りたい。

ちと話題になってた何故折り紙なのか&折り紙の芸術性についてだけど

普段なーんも考えずにやってるけど
後付けで考えてみると、俺的には非常にシンプルなもので
紙を切らずに畳むだけという縛りが面白いと思う。
彫刻との明らかな違いはそこだし、だからこそ制作過程を見せたい部分がある。
そもそも俺が、どういう作品でも制作過程見るのが好き、というのもあるけど。
鉛筆画の完成前の写真とか見るのが好き。

あとは、発展途上だからかな。複雑系折り紙の歴史は詳しくは知らないけど、そんなに古くないでしょー
絵画や彫刻に対して、まだまだ未開拓な分野。
だからこそやりがいがある・・・

なんていうのはやっぱ後付け
一番正しいのは、「気づいたらやってたから。楽しいから。」
例えとして適切か分かんないけど
小学校からの野球少年が大学でも野球部に入って、何故野球なのか聞かれて変化球がどーのこうのとか、サッカーより弾道がどーのこーのとか言わないと思う。

その人にピッタリだった趣味なだけで。それに出会ってずっと続けてきただけで。
他の趣味と比べるほど沢山やってきてないし。
絵画切り紙ペパクラやったことある程度でそれ以上のものは無い。
やったことない趣味スポーツが何千とある中先に出会ってピッタリだったから
折り紙が一番俺にあってる。
この偶然手にした趣味で表現できる幅を広げていきたい。
はいはい

芸術性については
写実の終了はまだ早いので写実的な作品を界隈的にはやり続けると思う。
ただその限界については理解しているし既に悟っている人も大勢いる。
それでも一部の人にはやり続けて行ってほしいし、俺も写実に近い作品を折りたい。
同時にメッセージ性の高い作品や抽象作品も検討中。

ただ抽象絵画のような折り紙は、身内理解に留まる危険があると思う。
折り紙を趣味としている人にはこれが何だと分かるけども、一般からすると全く分からない、みたいな。
そういう障壁がどのぐらいのものかは、折り紙関係者同士の会話では分かるはずがない。
自己満足ならぬ界隈満足、的な。

抽象絵画が許されるのは写実絵画が人の間で当たり前になったからかも?
誰が見ても写実絵画は何が描かれているか分かる。
でも折り紙はまだ一般に理解されているとは言い難いし、言われないと分からない作品もある。
まだ表現者も鑑賞者も未熟なのでは。
だから内心抽象はまだ早いと思ってる。

でもそれは俺が折り紙をやっている時点で机上の空論。
「一般の視点」が無い自分には正しいか間違っているか分からない。
だから一応挑戦はするつもり。

とにかくやりたいことがいっぱいなのです。

ほらちゃんと書いたぞ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

抽象表現は界隈満足って言うけど、写実作品で「この作品の特徴は角配置で、こういういう風な面白い配置なんですよ」と言ってるほうがよっぽど界隈満足に見える。

抽象表現については俺もまだ未熟だけど、そもそもどんなに洗練された抽象絵画を見ても「わからない」としか言わない人はいるわけで、そうすると、創作者と鑑賞者の隔たりの原因は鑑賞者にあるのではないか、と考えてしまうわけです。

そもそも抽象表現は何か言われないとわかんないなんていうのはよくある話で、そこから何を受け取るかというのが大事なんじゃないんですか。だから創作者は、抽象表現という手法に出た以上、鑑賞者をミスリードしないような努力が必要なんだとも思う。

なるほど、考え方はだいたい分かった。
一般の方に展開図はウケた経験が何度もあるのでそうは思わないけど、周りのレベルが高かっただけかもしれないので反論は無い。
創作者の努力については同意。

がんばりませう