ORUTO初の展示会、折展 ORI-TEN

折展-1

九州大学折紙同好会ORUTOの初の展示会「折展 ORI-TEN」が、今月21-22日の二日間行われました。
私は当日は顔出せませんでしたが、9作品を出展していました。

折展-2

体育館サブフロアの一角にこんな感じで置いてありました。
机に引いた黒紙は上手くいっていたように思います。

折展-3

やはり人気の神谷作品群。
フェニックスなんて3体くらいいた気がする。

折展-4

永友君が創作した複合Paperoidがバージョンアップしてた。かっけぇ。
彼は創作に意欲的で、色々と話したかったけど時間がなかった。残念。

折展-5

「像」
なるほど。

折展-6

拙作の烈は複合だけど興味持たれてて、やっぱ1枚でやらなくてよかったと思った。
左右ファンネルのポージングミスがあるけど。

折展-7

シマリスは正しい置き方ができたかな。納得いったのはこれぐらい。

サークルに顔出せていなかったので、皆の作品が見れてよかった。
アドバイスもしたけど、俺なんかでいいのかってなって無難なことしか言えんかった。
適度な作品数と適度なスペースで、入りやすく良い雰囲気だった。
ただ基本的に台座が低いので、大抵の作品は正しい視点から見れてなかったように思う。
来年はそこを工夫していきましょ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。