今年の折り比べ参加作品まとめ!

折り紙作品折り比べ企画2014-1

"ORIGAMI CHALLENGE"は我がORUTO代表のこはくがわ氏がTwitter上で始めた企画です。
第一回はカブトムシ(神谷哲史)だったようで、それからエンシェントなど有名な作品がセレクトされていたらしいです。
その時はまだTwitterを始めておらず参加できなかったのですが、代表に勧められ参加するようになりました。
詳しくは#折り紙作品折り比べ企画で検索。
誰でも自由に参加できますよー

続きを読む

スポンサーサイト

アンキロサウルスって難しいのね

アンキロ1

アンキロサウルス/川畑文昭
35㎝×35㎝ 不切正方形1枚

偶には他人の作品を折ってみましょう。折るべきなんです。
しかし今はその欲が皆無に等しいので、このように折る機会があってよかったです。

先日こはくがわさんから「空想おりがみ」をお借りして、アンキロを折っとくように言われたので折ってみました。
非常に可愛らしい作品で、そのままでも雰囲気出ているのですが
恐竜ガチ勢が周りにいることですし、リアル系で仕上げてアドバイスを貰おうという方向で行きました。

アンキロ2

結果SHUNさんとバジリオさんの話を聞けたのでよかったです。

写真映りがよろしくない紙なので分かりにくいですが、インサイドアウトを下あご、胴体、尻尾につけました。

アンキロ3

背景は黒がいいか白がいいか

アンキロ4

よく分からないけども

アンキロ5

ゴツゴツ感出せたと思うので

アンキロ6

よしとする

神谷カマキリを折った

kkamikiri1

カマキリ/神谷哲史
47㎝×47㎝ 不切正方形1枚

第20回折り図集の表紙になってますね。

これは折り図化するとは思ってなかったので驚きました。
展開図折りっぽくなる折り図って描きにくくないすかね・・・?

一度24㎝ホイルで折ったのですが細部まで折れなかったので、カラペでリベンジという形です。

kkamikiri2

仕上げをかなり頑張った作品になりました。
脚を細くするのが楽しかったです、流石カラペ。
しっかし序盤の折り筋を付ける作業は苦しすぎた。。。

お腹の部分の仕上げを失敗してしまったのが悔やまれます。
もっとお腹を膨らませておくべきでした。

kkamakiri3

でもパッと見はリアルな感じに出来たので8割ぐらいの満足度ですかね。
昆虫は滅多に折らないのでこんなもんでしょうなぁ、という言い訳をしておく。


○かーき君のブログ、かーきの折り紙生活をリンクに追加しました

漸く、北條高史氏の「暫」を折ってみた。

暫1.1

暫/北條高史
70cm×70cm 不切正方形1枚

どうも。
最近は創作に力を入れていたので、他人の作品を発表するのはしばらくぶりですね。
さらっとダジャレを言ってみました。

というわけで今回折ってみたのは北條さんの暫。
本家はこちら
現代折り紙のスーパーコンプレックスを代表する作品です。
今までその見た目から難易度が高すぎて折れないと判断してたのですが、食わず嫌いはよくないので挑戦してみました。
展開図は折紙探偵団59号に載っています。

暫2

といってもこれは2作目。流石に最初はホイル紙で様子見をしました。
ぶっつけで折ってみたところ、右手が意味不明なことに。扇ができませんでした。
あと、基本形が平面にならず真ん中を畳み切れないという結果に。

右手は別の紙で試し折りをし、なんとか扇を成形し解決。実際に正しい折り方かは分からんけど。
真ん中は・・・もう一回折ればなんとかなる、という根拠のない自信をもとに2作目に突入。
そしたら平面になってびっくり。何故ホイル紙で出来なかったのかは未だに謎。
でもこういうのは展開図折りではよくある話だよね

暫3

頭部の車鬢は70cm四方の紙だと折るのがギリギリでした。
これから折る人はもっと大きな紙で折ることをお勧めします。

暫4

正面view。
なんか逆光の写真撮るのにはまってる人みたい。

胸-腹の部分も最初悩んだなぁ。
展開図の通りに胸部を前に持っていくんだけど、なかなか届かない。
でもそれのおかげで立体になっていくんですね。

暫5

そういやはうすに行って本家の暫を見たことがあるけど・・・
あれ結構大きかったなぁ。
車鬢一本一本まで仕上げを入れるためにはあれぐらいのサイズが理想。

暫6

後ろから。全っ然分かりませんでした。
背中が写っている写真は1枚しか手に入らず、睨み折りの難易度も高かった。
これが展開図折りの恐ろしさ。

暫1

あんまり覚えてないから大体だけど
折り筋付け+基本形まで折る→5時間
仕上げ→8時間ぐらい。
時間かかった分、完成したときの感動と達成感は凄かった。
北條さんありがとうございました。

自分も北條高史作品集には期待しているわけですが、この暫は改修される(?)らしいので先に折っておけて良かったです。1999年ver.が好みなので。
もし出版されたら折り図ver.も折ってみたいです。

では以上。

○りょうへいさんのブログ創作折り紙の世界をリンクに追加しました。←かなりお勧めです。彼の世界ができてます。

水瓶座を折ってみた

水瓶座1

水瓶座/北條高史
72cm×72cm 不切正方形1枚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。