折り図のアップデート思案

へび旧1へび旧2
従来の折り図は上図でした。
多くの人は似たような感じだと思いますが、オリジナリティを出している人も見かけます。
そこで自分も遊べないかと、ともすれば良い感じでアップデートできないかと考えていました。
4つに分けて紹介します。

続きを読む

スポンサーサイト

柴犬とコンベンション

柴犬-1

柴犬/えずの
52cm×52cm 不切正方形1枚

こんにちは。懇親会でゲットしたハンドスピナーの記録は1分7秒でした。

本作品は今年のコンベンションのコンテスト「いぬ」部門に出していたものです。
投票により1位だったということで、大変光栄です。
写真とともに少し解説をします。

柴犬-2

就活とか諸々が重なり、締め切りギリギリまで題材を考えていました。
最初は剛健で日本らしい、土佐犬にしようと思っていたのですが、神谷さんが見本として土佐犬のモデルを出されたので辞めました笑
次に柴犬を考え、頭部の試作がわりと成功したのでコンテストに出そうと決めました。

柴犬-3

しかし、テーマ「いぬ」では柴犬合戦になるとも思っていました。
そこで、他の柴犬との差別化を図るため、尻尾に特徴を出そうとして曲線を多用しました。
結果的に展示では見えにくい角度で、あまり印象づけることはできなかったかなと思います。
また、差別化のためタイトルは「豆助」、唐草模様の手ぬぐいを首に巻くことにしました。
手ぬぐいは別紙で固定していないので、取り外し可能です。

台座を購入し接着しましたが、かなり横着をしたこともあり、当日の展示では外れてしまっていました。
そして意外と柴犬はおらず、それなのに殿堂入りの豊村さんと被るという。
どう転んでも神谷さんか豊村さんと被っていたみたいです。

柴犬-4

昨年のコンテスト「とり」では、鶏が作風でバレてたバレてなかったが話題になったので、今年はせめて何かのブラフを入れようとしてました。
と言っても作風はどうしようもなかったので、作品コメントを弄り、結果よく分からない感じになっています。
加えてコメントで「展示台の低さ」を愚痴っていますが、今年は狭さの方が問題になっていました笑

柴犬-5

特殊な状況が重なりましたが、3年前の「進化」部門に引き続き2V目ということで嬉しく思っています。
投票いただきありがとうございました。
私は12日のみの参加でしたが、3日間のコンベンションお疲れ様でした。

折り紙販売歴

続きを読む

創作作品年表

続きを読む

Nonesuch Art on Paper Awards受賞/作品の販売について

Nonesuch Art on Paper Awardsー堕天使

Nonesuch Art on Paper Awardsに出展していた堕天使が、5つの賞の中の一つ、
The Wellington Church Awards (1) (People’s Choice Award)
を受賞しました。これは来場者の一般投票で決まる賞で、他4つは審査員が決める賞でした。
受賞作品はこちら
また、同じく出展していた黒鶏が売却されました。
大変嬉しいのと、これもなかなか無い経験なのでまた書き留めておこうと思います。
長文注意。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。